ワインのコラム

ワインの輸送と保管の話

オーパスワンワインの輸送と保管のお話し。

当店で扱っているオーパスワン。
どうやって、輸送されて保管されているか気になる方もいらっしゃると思います。

当店のオーパスワンは全てアメリカからの直接輸入品になります。
仕入れ販売から全て個人で行なっていますので、購入時も現地で現物を見て購入しています。


アメリカから日本への輸送の際も、船便ではなく航空便で行なっています。
もちろん、船便よりも航空便の方が輸送費のコストは掛かりますが、その分温度差の少ない状態で船便よりも短期間で手元に届きます。
船便よりも短期間で届くということは、輸送の際のワインの揺れも航空便の方が抑えることもできるのです。

日本の空港に届いたら、諸々検査を受けまして、検査を終えた後は出来るだけ最短の期間で、気温差の激しくならない夜中の間にトレーラーにワインが詰まれ運ばれ、早朝にワインが倉庫までやってきます。

倉庫に届いてからが時間との勝負です!!

汗だくになりながらも、倉庫にワインを運んでいきます。
(もちろん、汗が木箱につかないようにグローブもしますし、汗がたれないようにタオルも巻いています。)

11月の早朝に下に着ていたTシャツが汗でびっしょりです。
その分、全てを倉庫に入れた後の爽快感は何事にも代え難いものもありますが。

ワインが保管されている倉庫ですが、窓は一切ありません。大きな冷蔵庫を想像していただくとわかりやすいかもしれません。
窓が一切ないので、紫外線からの劣化からワインを守ることができるのです。
もちろん、温度調節が可能なので、常に温度も13度を維持しています。
アメリカから日本へ。
ワインが飲み手に出逢って目覚めるまでの夢見る時間を、より安定した場所でと試行錯誤の毎日です。