シャンパンに苺


シャンパンにあう果物と言えば・・・・・・? 大抵の方が思い浮かぶのが「苺」だと思います。 そんな、シャンパンと苺の組み合わせですが、この組み合わせを一躍有名にしたのが、映画「プリティ−・ウーマン(Pretty Woman)」と言うのも有名な話。

この映画が上映された年は、老いも若きも女性を口説くのにシャンパンに苺が流行ったようです。 私も、映画を見たときにとても印象的な場面だと記憶しています。残念ながら、女性を口説くのにシャンパンと苺の経験はありませんが・・・・・・。 シャンパンの注がれたゴールド色の液体の中に、苺の赤がとてもきれいで、見た目にも美しく、飲んでも美味しい! 実は、このシャンパンと苺の組み合わせ、単純におしゃれで美味しいだけではないらしいのです。


私も最近知ったのですが、苺には胃の粘膜を守る効果があり、アルコールから胃を守ってくれる効果があるそうです。 よく、アルコールから胃を守ってくれる飲み物に「アルコールを飲む前に牛乳」もありますが、飲み忘れることもありますし、シャンパンと牛乳はさすがにあいません。 しかし、苺ならシャンパンと一緒に食べれば、美味しい上に身体にも優しく一石二鳥かもしれませんね。 飛行機のファーストクラスのシャンパンとして選ばれているクリュッグと苺の組み合わせも最高です。 濃厚に香るナッツの香りの余韻に浸りながら苺を一口。 想像するだけでも幸せな気持ちになりませんか? 春も近づき暖かくなってきましたし、苺もおいしい季節です。 冷えたシャンパンに苺、今夜あたりいかがでしょうか?